読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【M3 2017 春】 BIGHEAD 第1展示場 O-22a,b 頒布情報

M3 2017 春 

サークル"BIGHEAD"

第1展示場 O-22a,b に当選致しました 🙌

 

今回でM3に参加するのは3回目ということで

荷物発送、準備などなど慣れてきました。

 

ただ.....新譜の完成や告知動画の公開など

ギリギリになってしまいました😨

計画性は重要ですね😁

 

それでは早速その新譜について!

BIGHEAD 1st カセットテープ「REWIND 93'」


BIGHEAD「REWIND 93'」【XFD】1st Cassette Tape Album

 

今回の新譜はCDではなくカセットテープ 📼 です!

ちょっと攻めすぎてる?!😅

 

いつもの新譜はCDかデジタル配信だったのですが

即売会で頒布しても後でamazonやituneで買えたりするので

「あんまり面白くないな」と感じておりました

 

今回は

・会場限定

・数量限定

・通販・デジタル配信なし

 

しかもCD無しのカセットテープのみ!!

 

これで同人即売感・レア感はバッチリなのですが

カセット聞けない環境の方にはとっつきにくい感が否めず....

 

ですので今回の仕様は

・アナログカセットテープ

ハイレゾ音源デジタルデータダウンロードカード

のセットになっております!!

 

1970〜80年代の代表メディア「テープ」アナログ音源

2010年代最新高解像度high-resolution音源(24bit48khz)

 

両方を楽しめる仕様になっております!!!

 

親切だけどマニアック!笑

 

 

 

しかも今回はカセットテープを聞く環境がない方でも

テープの質感、コンプ感、パンチ感、アナログ感を味わえるよう

テープからPCのオーディオインターフェイスを経由してwavに変換したデータを

プレゼントしちゃいます!!!

 

簡単にいうとスマホやパソコンでもテープの音質を疑似体験できます

※音量が低かったり、ノイズ満載ですが新鮮な質感をお楽しみください

 

どんな感じかっていうと1曲だけ

デジタルデータとアナログデータをアップしましたので

一度聞いてみてください🙇

 

 

パソコンで作ってパソコンで完成したデジタル音源(いつものデータ)

 

 

テープからパソコンに取り込んだ疑似テープ音源

 

 テープの方ですがいきなり「サーッ」ってノイズ入ってるし

コモってモッサリしてますね。

 

この「コモってる」っていうのは

クリアじゃない、解像度が低い、全ての周波数が聞こえない

等々、マイナスに捉えられることもあり....

CDが出現した際に技術革新でこの要素を全て取り除かれました

 

当時のエンジニアやアーティストは

「やった!ノイズもなくクリアな音源になった!」

「スタジオで作っている時をリスナーも同じような音で聞ける」

とかとかめっちゃ喜んだはずです。

 

今ではそのCDも主要なメディアでは無くなり

パソコンで作られたデジタルデータをそのまま劣化なく

パソコンやスマホなどのデジタル環境で聞いています

いわゆるハイレゾ音源ですね。

 

 

 

また前置きっていうか今回の音源の説明が長くなってる...

 

言いたいことは、ハイレゾとカセット音源を初めて聴き比べしてみて

「コモってる」ほうが音が良い!

 

コモっているというのがマイナスでなく、プラスに感じられ

・温かみがある

・高域が減衰しているので聴き疲れしない

・テープの圧縮感が加わりドラムなどの音にパンチがでる

 ・解像度が低く、楽器やボーカルの音にまとまり、一体感を感じる

 

テープを聞いた今ではデジタルデータ

・キンキンしてて疲れる!

・高解像で全てが聞こえるから細部が気になってイライラする

・音が潰れずアタックがハッキリしてるから耳に痛い

 

なんて思っちゃいました。

 

デジタルデータも好きだし、デジタルで音源制作はしていくのですが

聞くのはテープ環境やアナログ環境が良いなと認識したわけです

 

音源制作とリスニング環境は違うし、同じである必要はないというか。

 

ただでさえ高解像に作られたデータを

解像度の高いヘッドホン空気振動を介さないカナル式イヤホンで聞く

って疲れる場合もあるなって

 

今では普通にというか当たり前にBIGHEADの環境は

・パソコンの音源制作用スピーカーからリスニング

・オーティオインターフェイス経由のヘッドホンで視聴

ipodiphoneからカナル式イヤホンで視聴

 

全てが高解像で、空気あまり介さない状態で聴いているので

おそらく無意識のうちに音楽を聞くことに疲れていました

 

 

 そこでテープの音源をラジカセのスピーカー経由で

部屋に鳴らすと.....心地いい

 

コンポとか、ラジカセのスピーカーって良いっすってなりました。

 

臨場感があるし、興奮するし、細かいとこ聞こえないのが

楽っていうか。

 

新しい技術や技術革新、ハイスペックが良い結果を産むわけではないと

気付かされた今回のプロジェクト。

 

大変勉強になりました!

 

長くなったし、いきなりメディアについて語り出してしましたが

テープとCDとMDとデジタルデータの全てを体感できる僕らは

幸せってことです!!

 

VOCALOIDの合成音源がリリースされた当時にはハイレゾも無かったし

テープで再生される機会も多くありませんでした

 

「デジタルの歌姫が93年にタイムスリップしたら」というテーマで始まった

カセットテープ・プロジェクト「REWIND 93'」

 

もしVOCALOIDがバブルの時代に存在していたら

ミリオンヒットを出していたでしょうか?!

国民的アーティストになっていただろうか?!

 

英語やフランス語・中国語の製品もリリースされ世界中に広まっているVOCALOID

「もしかしてなっていたかもなぁ...」と想像する余地はありますよね🤔

 

ということで、ぜひ聞いてみてください!!!

 

特設サイト → REWIND 93' - BIGHEAD

 

【M3 2016 秋】 BIGHEAD 第二展示場シ-06a,b 頒布情報

M3 2016 秋.....

サークル"BIGHEAD"

第二展示場シ-06a,b に当選致しました 🎉

 

今回はM3 秋ということで2回目のM3ですが

BIGHEADは2016年3月春に初めてM3に参加して

同人即売会というものを体感しました

 

twitter上だけで交流していた方と

はじめてお会いしたり

激励の言葉を直接頂いたり

とにかく最高の経験でした

 

札幌の一室で引きこもり

曲を作っている日々が報われた瞬間

 

大げさかもしれませんが曲を作ったら

"聞いてくれる人がいるんだ"という

実感を得ることができました

 

M3で頂いた「次のアルバムいつですか?」という言葉を

糧に札幌に戻ってからもバキバキと作曲をしてました。

その"次のアルバム"を携えてM3 秋に参加となります

 

ばばん!

f:id:BIGHEAD:20161022132732j:plain

 

M3のお品書きです!増えましたね.....

 

M3春ではじめて頒布した1st Album Only 1 feat.Hatsune Miku

※初回プレス分があと数十枚になっております

 

BIGHEADの2枚目となるアルバム01FRIENDS feat.Hatsune Miku

※こちらは同人即売会限定のA5クリアフォルダ(apapicoさんイラスト)付き

 

そしてそしてまさかのアパレル BIGHEAD feat.初音ミク Tシャツ

※数少ないので取り置きなどございましたらメール・DMお願いいたします

 

春に参加した時の一枚のアルバムに比べたら豪華になりましたね...

 

そしてそしてM3だけの特典

BIGHEAD 2nd アルバムから

先行音源が聞けるダウンロードカード配布!

購入して頂いた先着100名限定にはなりますが

自信作を入曲したので2ndアルバムの質感を先に体感してください!

 

ダウンロードカードはダイキサウンドさんのMカードなので

BIGHEADもワクワクしてます

ホーム [M∞カード]

 

みなさん会場でお会いしましょう!!!

 

【初音ミク】Harsha Vardhana (c. 590–647) feat.Hatsune Miku 【オリジナル】

久しぶりの動画アップBlog

Harsha Vardhana (c. 590–647) feat.Hatsune Miku 👏👏

 

前回のBlogでちらっと今回の動画についてアナウンスメントしましたが

bighead.hatenablog.com

先月にリリースした初音ミクTシャツとのコラボとなっている本動画

ニコニコ動画Youtubeにアップロードしました

 

ちょっと怖そうなサムネのHarsha Vardhana (c. 590–647)  feat.Hatsune Miku

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29859196

どのへんがTシャツとのコラボなのかというと

動画のディレクターはPATANICAさん!

ロングTシャツのデザインはPATANICAさん!!

 

ということで動画の中にロングTシャツが出現します!

どんな風に登場するか!?

それは見てのお楽しみですがTシャツのモデルを務めてくれた

水野しずさんがロンTを身にまといでてきます!

 

f:id:BIGHEAD:20161022121152p:plain

かわいい!

 

youtubeの動画は水野さん出現時にクリックすると

特典を受け取る事ができます。

 

ぜひぜひ探してクリックしてみてください!

 

 

 

Tシャツやコラボはそこそこに動画の内容についてですが

今作は漫画風MusicVideoの第二弾となっており

前作のArtificial Intelligence Music feat.Hatsune Miku

に続く2話目となっております

 

今回は展開が1話目より増して、ドキドキワクワク

超展開にBIGHEADは引き込まれていきました

 

普通の状態で意味不明な歌詞が

動画の吹き出しに出て、超展開物語が進行していくことで

"なんか意味あるんじゃないか?"

"こういうこと?"

音楽だけでは感じることのできなかった世界観が

拡がっていって作曲者としても感無量です!

 

本作の3話目も見たいし

この物語を漫画にして本にしたい思いが高まっております

 

クラウドファンディングでもしようかな.....

 


Harsha Vardhana (c. 590–647) feat.Hatsune Miku by BIGHEAD

それでは超展開のMusicVideoお楽しみください!!

 

 

BIGHEAD アルバムジャケット長袖シャツ amazonにて予約開始【ロンT編】

ビッグ ニュース2!!

 

今年BIGHEADがリリースしたアルバム

「01 FRIENDS feat.Hatsune Miku」

 

札幌在住グラフィック・デザイナーPATANICAさんの

斬新なデザインにより長袖Tシャツになりました!!

 

f:id:BIGHEAD:20160911215158p:plain

「01 FRIENDS feat.Hatsune Miku ロングTシャツ」

  https://www.amazon.co.jp/dp/B01LQE7YPM

うわ!ぶっとんでる

 

何が"ぶっとんでる"って「初音ミク」のアパレルなのに

ミクさんの絵が出てこないってことでしょうか

 

確かにそこも"ぶっとんで"はいますが

右袖にあるゴシック体の初音ミク

かなり思い切ってます。MSゴシックかよ!ってツッコミがありそうな

 

海外の方がカタカナや漢字の服を意味もわからず着ている

みたいなのを期待したのですが....

 

ぶっとんだデザインで目立たなくなってますが

左肩にさらっとオフィシャルの初音ミクロゴが!

これは実現できて素直にうれしいかった

 

そして真ん中の四角。

 

この画像では伝えきれないのがとっても残念ですが

インクが発泡インクで浮き上がっています

そこにプラス1版追加で光沢がでるコーティングを施しております。

※これはコスト的にやばかった.....こだわりすぎだろ

 

なんでこんなこだりのインクになったかというと

最初は蛍光の水色で作ろうとサンプルを出してもらったんです

蛍光の水色ならカッコイイだろ!と思いまして。

 

しかし蛍光の水色というインクは、蛍光っぽくなく"普通の青"って感じでした。

普通の青過ぎて印刷の業者さん、間違ってるのかなーとさえ思いました

f:id:BIGHEAD:20160911221726j:plain

「第一回目のサンプル」

 

これが家に届いた時&問い合わせてこれが蛍光の水色だと理解したとき

かなり焦りました💦

 

初音ミクのイラストも無くて

・ミクさんカラーの水色でもない普通の青

 

そんなのミクグッズとして作ってたら

ただのヤバい奴だろ!って

 

なんかここらへんで今年の裏テーマ

"もう人と共同作業するのもう辞めよう"という

気持ちが大きくなってきてました

 

昨年くらいまではリリースものは自分1人で作って

スケジューリングも1人でリリースしたときにリリース

みたいな緩いスタンスでやっていたんですが

今年はいろいろな方にご協力いただいたり、多めにコラボしたり

"すっげー大変だな!"というのが今年の感想です。

※他人と共同作業しないと世界は広がらないんですけどね

 

しかし、シルクスクリーンの版は作っちゃったし

中途半端な製品を出すわけにはいかない

 

Tシャツの印刷屋さんにどうにか蛍光に近い色にならないか、めっちゃお願いして

・水色ラバーインクでの印刷

水色発泡プリントに光沢コーティング

でサンプルを出してもらいました

 

できあがったサンプルを持って恐る恐る

デザイナーのPATANICAさんにクオリティチェックしてもらったところ

f:id:BIGHEAD:20160912102408j:plain

「めっちゃイイっすね!」「これ着て帰ってもイイですかね?」

 

水色発泡プリントに光沢コーティング

で無事FIX致しました💦

 

 

この時は正直ホッとしましたね。

※デザイナーさんは理論的で厳しいイメージだったので

 

どうしてこのようなデザインになったかは

PATANICAさんが真剣に考えて作っていただいたので

多分ここに書かないほうがいいと思います

 

PATANICAさんの写真はリブなしのロンTになってますが

リブありと試してみたところ...

リブありのスポーティーな方が今っぽいということで

United Athleのリブありボディになりました

 

5011-01 5.6オンス ロングスリーブTシャツ (1.6インチリブ)|綿100%ロンT | ロングスリーブ | United Athle

 

BIGHEADとしてはこだわりにこだわり(迷惑かけに迷惑をかけ)抜いた

ロンT....大満足でございます

 

そしてそして本製品にはロンT以外にBIGHEADの楽曲

「Harsha Vardhana (c. 590–647)」

  ダウンロードカード付き!!

f:id:BIGHEAD:20160912103827j:plain

アパレルに楽曲がついているの昔からやってみたくて...

ただそれだけで付けちゃいました!

 

とかいいながら何故この曲なのかということは

ただ勢いで付けた訳ではなく理由がございます

 

この楽曲については後々アナウンスさせていただきますので

発表までもう少々お待ちください🙇

 

ヒントはこちらのPATANICAさんに動画を作っていただいた

Artificial Inteligence Music feat.Hatsune Mikuに!

www.youtube.com

こちらを見ていただきながら、続報をお楽しみに!

 

初音ミク 01FRIENDS feat.Hatsune MIku ロングTシャツ

(楽曲ダウンロードカード付き)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LQE7YPM

 

BIGHEAD アルバムジャケットTシャツ amazonにて予約開始【Tシャツ編】

ビックニュース!!

 

今年BIGHEADがリリースしたアルバム

「Only 1 feat.Hatsune Miku」

「01 FRIENDS feat.Hatsune Miku」

紙ジャケットイラストがTシャツになりました!!

 

f:id:BIGHEAD:20160909110601p:plainf:id:BIGHEAD:20160909110619p:plain

           「Only 1 feat.Hatsune Miku」             「01 FRIENDS feat.Hatsune Miku」

 

イラストデザインはapapiocoさん

 

かわいいミクさんがポリゴンと切り取ったデザインによってカッコよくなってる!

....とBIGHEADは思いました

 

しかもポリエステル生地昇華転写プリントなので"発色が鮮やか"

このデザインはパソコンの画面で見たようなコントラストが必要だと思い

綿とポリエステルのサンプルを刷ったところ......

圧倒的に「ポリエステル・昇華転写!!」って感じのクオリティでした

 

"変色も少なく、耐久性も高い"こともTシャツばかり着ている

自分としては重要なポイントでした

 

そしてそして....(語りすぎてすみません)

素材がポリエステル100%なので"通気性と肌触り"が気になってました

・通常のドライTシャツ

ドライ シルキータッチ Tシャツ

をサンプルで刷って着てみたところ

"ドライ シルキータッチ Tシャツ" 良いっ!ってなりました。

 

メーカーのHPにある

 

"さらさらでやわらかく、ストレスフリーな着心地。激しい運動時など長時間動いてもストレスになりません。ポリエステルの生地が苦手な方も、ぜひ一度お試しください。"

 

嘘じゃない。本当です。

ポリエステルの生地が苦手な方も、ぜひ一度お試しください。

僕が"ポリエステルの生地が苦手な方"なので自信を持ってオススメいたします

※ボディが高級になってしまいコスト的に通常の方が良かったのですが..BIGHEADのこだわり気質が

 

Tシャツ業者みたいになってしまいましたが

"はじめて作るアパレル"ということで色々こだわり試したので

語ることが多くなっているかもしれません🙇

 

サイズ展開はS,M,Lに加えてレディースMも用意しております!!

首回りが大きく、Xラインのシルエットが女性らしいボディ

 

f:id:BIGHEAD:20160909114330j:plain

女性のミクさんファンはこちらをご覧ください!

 

■Tシャツリンク

amazon】 Only 1 feat.Hatsune Miku Tシャツ

Amazon CAPTCHA

amazon】01 FRIENDS feat.Hatsune Miku Tシャツ

Amazon CAPTCHA

 

 

よし!.......つい長くなってロンTを紹介することができなくなってしまいましたが

続きは次回に!

 

BIGHEAD アルバムジャケット Tシャツ編でした

 

 

 

SAKURA SPARKLING feat.Tara Louise 【歌ってもらってみた】

先日、YouTubeニコニコ動画にアップした

SAKURA SPARKLING feat.Hatsune Miku by BIGHEAD


SAKURA SPARKLING feat.Hatsune Miku

その【歌ってみた】verの動画を作り公開致しました!

 

正確には歌い手さんが主体的に【歌ってみた】のではなく

BIGHEADが頼み込んで【歌ってもらってみた】のですが....

 

本当は歌い手さんに【歌ってみた】をしてもらいたくて

ずっとずっと待ってたのですが、BIGHEADの楽曲は

すべて英語歌詞!...という気軽に【歌ってみた】できない曲でして

我慢できず英語圏に住んでいるシンガーさんに依頼してしまいました


そのシンガーさんは

ロサンゼルス在住の女性シンガーTara  Louiseさん

f:id:BIGHEAD:20160816181150j:plain

めちゃ綺麗!

歌声も透明感がありBIGHEADの楽曲に高級感を添えてくれました。

ボーカルデータ受け取った時、自分の曲ってこんなに良かったっけ?ってなりました

 

札幌に居ながらロサンゼルスのシンガーさんに歌ってもらえる。

そして世界中の人にすぐ聞いてもらえる。

良い時代っすね

 

こういった活動ができているのもMIKUEXPOでロスに行ったり

昨年フランス・カンヌのMIDEMに参加したことがきっかけになっていて

今年も、もっともっとグローバルに活動していきたいと思っております。

 

ミクさんは既にグローバルな存在になっているかと思われますが

日本発のヴァーチャルシンガー・キャラクターとしてではなく

世界的なアーティストにつらっと自然に並んでいるのが見たいと
個人的に思ってます。

 

そんな日を夢見て.......

 

それではTara Louiseさんの【歌ってもらってみた】

ご視聴ください!


SAKURA SPARKLING feat.Tara Louise by BIGHEAD

 

 

ドイツ・ベルリン拠点とするNative Instruments社の新製品STEMSで「Sharing The World feat.Hatsune Miku」がリリース

初音ミクの世界ツアー「HATSUNE MIKU EXPO 2014」の、“Los Angeles”と“New York”でテーマソングだった”Sharing The World(feat. 初音ミク)”のリミックスEPが、Native Instrumets社・新製品STEMS形式で「SONICWIRE RECORDINGS」よりリリース!

 

f:id:BIGHEAD:20160623155933j:plain

『Sharing The World Remix EP』 / BIGHEAD, Submerse, Hideo Kobayashi

 

 

 

 

これは!......ビッグニュース過ぎる

 

 

 

いろいろ規模が大き過ぎて説明が必要になってくるのですが

【まずNative Instruments 社について】

 

Native Instruments 社は、コンピュータをベースにした音楽制作とDJプレイ用のソフトウェア開発における第一人者として市場をリードしています。

 

.....です!

もっと言ってしまうとDTMソフト市場においてのトップメーカーです。

 

そんなワールドワイドにシェアを獲得しているメーカーの

2015年に発表された新製品"STEMS"にて楽曲リリース。

 

こちらはもはや説明不要かと思いますが....

初音ミククリプトン・フューチャー・メディア株式会社について】

初音ミクを販売しているクリプトン・フューチャー・メディアさんは

NI社の会社設立と同時期にDTM用サンプリングCDなどを輸入取り扱いした会社。

現在でもDTM用のソフト・サンプリング音源を買うとなったら

まずはクリプトンさんのSONICWIREを訪れる!方も多いのではないかと思います。

 

僕も昔、英語がわからずサンプリング音源を注文していたとき

「これ売ってるの東京の会社だと思ってたけど札幌なんだ!」

と驚いた記憶があります。

 

2007年リリースのFUNKY HOUSE GROOVES

www.crypton.co.jp

 

そして"無敵"だったころのVENGEANCE!!

www.crypton.co.jp

 

この2つはよく使ったので覚えてます

最先端だと思っていたDTMにも懐かしいとかあるんですね...

 

 

 

 

そんなDTM・ソフト業界のレジェンド的存在の会社が

おそらく初めてコラボするのではないか....?

違ったらすみません

 

初音ミクNative Instruments社の記念すべき初コラボ!と言っても

過言ではない貴重な機会に参加させていただき誠に光栄です

 

 

 

 

 

 

ここからは個人的な気持ちというか、語りになってしまいますが

Native Instruments社といえばDTM黎明期から存在し

VSTインストゥルメント開発最古参のメーカー。

 

約10年前にデスクトップミュージックをはじめた自分は

アナログサウンドがソフトで出せると言われていた

ソフトシンセ"pro-53"を使っていました

 

Native Instruments社 pro-53

f:id:BIGHEAD:20160623161801j:plain

 

懐かしいー!

当時はバンドサウンドに少しシンセを足すくらいにしか

使いこなせてなかったのですが扱いやすい記憶があり

この後もKOMPLETEを買いmassiveやオルガン音源B4を

使って曲を作っていました

 

そんな訳もわからずパソコンを買い

趣味としてソフトをいじっていた

 

あの頃の自分に言いたい

 

 

 

 

「偉いぞ」

 

 

 

 

 

そしてそしてもう一言

「形になるのには、なんやかんや10年かかるで」

 

 

今パソコンに慣れ、ソフトを使い、悩みも少なく

楽曲を作れるようになったのは昔の自分のおかげなんだと

 

この機会をきっかけに振り返ることができました

 

改めてこのような貴重な経験をさせていただいた

ミクさん・クリプトンさん・Native Instrumetsさんには

心より感謝致します

 

ここからはsonicwireさんブログより詳細の引用で

本ブログを〆させていただきたいと思います

 

『Sharing The World Remix EP』 / BIGHEAD, Submerse, Hideo Kobayashi

1. Sharing The World(feat. 初音ミク)[Submerse Remix]
2. Sharing The World(feat. 初音ミク)[Hideo Kobayashi Remix]
3. Sharing The World(feat. 初音ミク)[Stems Version]

販売ストア: Beatport, Juno, Wasabeat

このEPには、オリジナルバージョンのSTEMSフォーマットの他、Apolloなどの著名レーベルからリリースを重ねる東京在住英国人「Submerse」によりフューチャー・ガラージアンダーグラウンドダブステップ風にリミックスされた”Submerse Remix”と、ベテランテクノ/ハウスDJ/プロデューサー「Hideo Kobayashi」による完全フロア仕様のテクノ・リミックスを施した”Hideo Kobayashi Remix”を収録。STEMSフォーマットで収録することにより、ボーカルを含む各パーツを自在に織り交ぜるDJプレイを可能にします。

世界を沸かせた楽曲が、更なる創作へと繋がっていくSTEMSフォーマットのEPとなりました。ぜひ新たな形でお楽しみ下さい。

『Sharing The World Remix EP』の詳細はこちら »


「STEMS」とは
Native InstrumentsTRAKTORソフトウェア上で動作するマルチトラック・オーディオ・フォーマットで、1つのStemファイルにドラム、ベース、メロディー、ボーカルというように、4つのパートを含んでいます。対応コントローラーからの操作で、トラック内のパートを個別に抜差ししたり、エフェクトをかけたりすることも可能です。各パートに対してそれぞれ操作を加えることができるので、新しいミックス、マッシュアップ、カラオケトラック、アカペラトラックなどを即座に作ることができるようになります。
STEMSの詳細はこちら(Native Instruments社WEB) »

 


『Sharing The World Remix EP』 / BIGHEAD, Submerse, Hideo Kobayashi
販売ストア: Beatport, Juno, Wasabeat

 

“Sharing The World(feat. 初音ミク)”のSTEMS版リミックスEPが、SONICWIRE RECORDINGSより登場! – SONICWIREブログ

iTunes配信「ONLY 1 feat. Hatsune Miku 」開始 !!

4月にリリースされたBIGHEADの1st Album

ONLY 1 feat.Hatsune Mikuのデジタル配信がスタート!!

 

iTune StoreのアニメカテゴリーTOPに並べていただいております

f:id:BIGHEAD:20160608102746j:plain

 

ボーカロイドのTOPやおすすめのコンピレーションに

面だししていただいたことはあったのですが

アニメカテゴリーのTOPははじめて.....

しかも真ん中の目立つ所でめっちゃ嬉しいですっ!

 

次の目標はバナー掲載!!

夢は高く設定していこうと思います

 

ONLY 1 (feat. Hatsune Miku)

ONLY 1 (feat. Hatsune Miku)

  • BIGHEAD
  • アニメ
  • ¥1500

 

収録曲16曲がプレビューできるティザーと

アルバムからのMVカットもぜひぜひご視聴ください!

 


[Hatsune Miku] Artificial Intelligence Music by BIGHEAD feat.Hatsune Miku

 


BIGHEAD「Only1 feat.Hatsune Miku」【XFD】1st Album

 

 

BIGHEAD『ONLY 1 feat.Hatsune Miku』

発売日:2016 /4 / 23 (土)
全16曲 Digital:¥1,500

iTune store
https://itunes.apple.com/jp/album/only-1-feat.-hatsune-miku/id1115026447?app=itunes&ls=1

 

トラックリスト
01-DISTANCE feat.Hatsune Miku
02-Sharing The World (JAPANESE.ver) feat.Hatsune Miku(ニコニコ超会議2016告知動画BGM曲)
03-Gallop Through the World feat.Hatsune Miku(GOOD SMILE RACING 2015公式テーマソング)
04-your voice feat.Hatsune Miku
05-Start Up feat.Hatsune Miku
06-Artificial Intelligence Music feat.Hatsune Miku(新曲)
07-NEVER ENDING LOVE feat.Hatsune Miku
08-I feat.Hatsune Miku(新曲)
09-INSIGHT feat.Hatsune Miku
10-Who!? feat.Hatsune Miku
11-the cosmic theory feat.Hatsune Miku(新曲)
12-Singularity feat.Hatsune Miku(新曲)
13-seed of lights feat.Hatsune Miku
14-When You Look At Me feat.Hatsune Miku
15-390AIR feat.Hatsune Miku(RIOT SKIS x SNOWMIKUテーマソング)
16-Sharing The World feat.Hatsune Miku (MIKUEXPO 2014 in LA/NYテーマソング)

iTunes配信「01 Friends feat. Hatsune Miku 」開始 !!

BIGHEAD x CircusP x EmpathP x Van De Shop

英語ミク楽曲で構成されたコンピレーション

 

参加メンバーはBIGHEADと親交の深い国内・海外クリエイター!

 

MIKU EXPO SONG CONTESTでグランプリを獲得した楽曲

「Ten Thousand Stars」の作曲者CircusP

 

2009年より英語ボーカロドイド曲を発表してきた

EmpathP

 

蜂屋ななし、ドッシーアミメキリン、長崎0時のメンバーで

構成されたユニット Van De Shop

「ONE OFF MIND (初音ミク・GUMI)」は8万回再生されるなど

ニコニコ動画で話題の新人

 

アルバムのクロスフェード

www.youtube.com

 

オリジナル楽曲に加えて

Goodbye(CircusP),Withness(EmapthP),Xmas card(Van de shop) を

BIGHEAD が EDM アレンジで REMIX!!

 

初音ミクがきっかけで知り合ったメンバーで作った

コンピレーションアルバム!

 

いつかCircusP、EmpathPとリアルの友達になりたいです

 

01 Friends (feat. Hatsune Miku)

01 Friends (feat. Hatsune Miku)

  • Various Artists
  • アニメ
  • ¥1650

 

 

01 Friends feat.Hatsune Miku

01-the cosmic theory feat.Hatsune Miku / BIGHEAD
02-Singularity feat.Hatsune Miku / BIGHEAD
03-Goodbye / CircusP
04-Deja Vu / CircusP
05- FEEL MY LAN / Van De Shop
06-Xmas card /Van De Shop
07-Withness / EmpathP
08-Second Star / EmpathP
09-Xmas card feat.Hatsune Miku (BIGHEAD Remix)
10-Withness feat.Hatsune Miku (BIGHEAD Remix)
11-Goodbye feat.Hatsune Miku (BIGHEAD Remix)

illustraion by apapico (https://twitter.com/apapico)
XFD movie by pandamushi (https://twitter.com/space_PNDMS)

BIGHEAD(https://twitter.com/bighead11111)
CiucusP(https://twitter.com/VocaCircus)
EmpathP(https://twitter.com/AkiGlancy)
Van De Shop(https://twitter.com/van_deshop)

 

www.nicovideo.jp

 

BIGHEAD 1st Album「Only 1 feat.Hatsune Miku」を初音ミク公式ブログさんに取り上げていただきました!!

4月にリリースした記念すべきBIGHEAD 1st Album

「Only 1 feat.Hatsune Miku」をなんと!!!

初音ミク公式ブログに取り上げて頂けました!

 

blog.piapro.net

 

ブログ(初音ミク公式)をブログ(BIGHEAD)で取り上げる

.....という訳わからないことになってますが

この興奮を書かないわけにはいかなくて

 

話は2013年に遡りますが

初音ミクを使いはじめ曲を作り出した頃

 

たしか八王子Pさんのエレクトリック・ラブ feat.初音ミク

友人と一緒に観ていたときに自分が興奮気味に

「すげーっ!このPV!俺もいつか作ってもらう!」

なんて言っていたら友人は八王子Pさんの凄さを語り

「八王子Pさんだからできたんだよ、おまえじゃ無理だ」

みたいなことを言われました。※PVはワカムラPさん

 

その時はすごいショックでした。

落ち込むってことは自分はできると思ってたんでしょうね...

今思うとすごいハートの強さだ!

 

しかし2014年LADYGAGAのコンサートに

楽曲が採用されたことをきっかけにハコビジョンに収録。

その時のPVは、なんとエレクトリック・ラブを作った

ワカムラPさん!!!!!!!!!!

 

自分の願って言ったことが実現した時

「うおおおおおおおおおおおおおおっ!」

ってなりました。

 

当時嘲笑されていた友人には

「ほれぇぇぇぇぇぇ!みたか!」ってなりました笑

 

そして今回の公式ブログに取り上げていただいた件

 

これは「いつか」の話だったのです

「いつか自分のアルバムでとりあげてもらいたい!」

っていうことは言葉にしてました。

 

ただ「無理だろうな」みたいなこともたまに思っちゃったり💦

でもそのたび「弱気になるな!いける!」って感じで

奮い立たせてました........持ち前の明るさで😇

 

ブログの記事をtwitterで見た時は感動しましたね

女性客の多いお店で紅茶飲んでたんですが

すごい気持ち悪い笑顔の男性って感じだったと思います

 

 

無理っぽくても言葉にしたほうがいい!と自分は思います

※必ず叶うわけではありません💦

 

自分ぐらいバカで能天気の方が

迷いなく実現に向けて進めるんじゃないないかなーって

最近思います

 

 

 

しかもdorikoさんやオワタPさん・公式CDを

取り上げていらっしゃる"うさ太"さんに書いてもらえて😂

はっ…(*゚∀゚)!!
BIGHEADさんとapapicoさんのタッグと言えば…!
「HATSUNE MIKU EXPO 2014 in LA & NY」にご協力いただいたグローバルなコンビ!
メインテーマソングとメインビジュアルをご担当いただきました♪

もちろん、作成頂いたメインテーマソングの「Sharing The World」…だけではなく!
こちらの楽曲を日本語でリメイクされた、「Sharing The World(Japnese.ver)」も収録されております!!これぞ、一粒で二度おいしい楽曲ですね…!!ヽ(´∀`)ノ

 これすごいうれしいです!

MIKU EXPO DVDでapapicoさんの絵をはじめて観て

コンタクトを取り依頼した経緯が自分の中では

とっても大きなことで....なんというかわかってくれてる人いたーって

 

ミクさんに聞き取り易く、且つ丁寧な英語歌詞を歌わせてくださっている楽曲もぎっしりと詰まっている一枚です!(*゚∀゚)=3

 あとこれ!!!!!!!!!!!!

初音ミクV2を買ってからずっと心がけていたことなので

じーんときました。理解者いたーっ!!

 

ちょっと引用が多く熱くなってしまいましたが

興奮した気持ちを残しておこうと思います

 

それではうさ太さんのブログとamazonをご覧ください!!

 

 

ONLY 1 feat.Hatsune Miku by BIGHEAD

ONLY 1 feat.Hatsune Miku by BIGHEAD

 

 

 

 

 

 

 

ニコニコ超会議2016告知動画に「Sharing The World (japanese.ver)」を使用していただきました

BIG NEWS解禁!!!!!!!!!!!!!!

 

なんと!!

 

ニコニコ超会議2016告知動画に

Sharing The World ( Japanese.ver ) を

使用していただきました!!

 

ドワンゴさんには2015年の春に

将棋電王戦FINAL 第1局 斎藤慎太郎 五段 vs Apery PVで

Sharing the WorldをBGMとして使っていただき....

bighead.hatenablog.com

 

今年も楽曲をBGMとして採用いただけることになりました!!

将棋電王戦の時もビビりましたが今回はニコニコ超会議!!

 

2015年開催時には2日間でのべ15万1115人が来場し、

インターネット上で視聴した人の数は794万495人にのぼるという

伝説のイベント.......

 

そのようなイベントの告知動画に

使っていただけるなんて

光栄を超えた感謝....を超えた光栄です

 

言葉で表現できなくなってきたので

動画のほうをぜひご覧ください!!

 

昨年作った日本語verを採用していただいたというのも

個人的にうれしかったです

 

勝手に日本語ver作ったものの

「誰も喜んでくれなかったらどうしよ....」

とか思ってたので 笑

 

ドワンゴさんに聞いていただけたことで

作ってよかった&聞いてくれている人はいるんだな

とモチベーションが上がりました

 

今年も良いことがあり過ぎて....緊張してきた

 

今回のニコニコ超会議2016には

自分もお客さんとして参加しに

遊びに行く予定です

 

はじめて行くので今からドキドキしてます

 

興奮で文章にまとまりが無くなってしまいましたが

ひとまずblogを終わろうと思います

 

 

 

【初音ミク】The Cosmic Theory feat.Hatsune Miku【オリジナル】

2016年3月9日。記念すべき9回目のミクの日に

The Cosmic Theory feat.Hatsune Mikuという

新曲をアップロードしました

 

 

この楽曲はPCのデータを見ると

2015年3月に作った曲でした

 

4打ちEDMも作りすぎて

テンポの遅い曲に魅力を感じてた頃...

エレクトロのシンセだけの音に飽きて

ギターを弾いてサンプリングしてますね

 

今聞いても気持ちが良い!

 

作曲していると曲を客観的に見ようと思っても

実際は難しかったりします

 

半年くらい経って

キャッチーだな/マニアックだな

暗いな/明るいな

良いメロディだな

アレンジうまくいってるな

ミックスうまくいってるな

 

とか判断できるようになります

作っている時は

「最高だー!」

「めっちゃいいー!」

「ハンパねー!」

と興奮しながら作ってるので

あたりまえっちゃあ当たり前ですが.....

※逆に冷静だと細部が気になっていつまでも完成しないです

 

改めて聞くと、この曲のキックは凄く良い音で

今作れって言われても難しいマジックが起きてます

 

同じ音使えば良いじゃんてなりそうですが

曲のキーが変わればこの曲のキックは使えないので

ほんとミックスが上手くいってラッキーだな...と思います

※昔はキックの音程と曲のキーとぶつかっていてもわかりませんでした

 

そんな感じで作った

The Cosmic Theory feat.Hatsune Miku

ぜひぜひご視聴ください!

【初音ミク】INSIGHT feat.Hatsune Miku by BIGHEAD【楽曲制作編】

2月1日にアップロードした新曲

INSIGHT feat.Hatsune Miku 

前回の動画制作編に続き

今回は楽曲制作編!!!!

 

またまた長く・詳細を赤裸々に綴ります

 

■ボーカル piapro studio「初音ミク V4Xβ」

f:id:BIGHEAD:20160202230001j:plain

以前ブログで初音ミクはV2が良い!V2しか使ってません!

             ↓

bighead.hatenablog.com

とか書いてたのにいきなりV4Xβを使ってますね.....

自由すぎる.......

 

なぜ今回V4Xβを使ったかというと

 

いつものようにV2で打ち込んでいたところ

BPMが229という高速なテンポなためか

サビのボーカルが何言ってるか

わからない状態になってしまってました

 

piapro studioのV4Xβだと綺麗に発音されていたので

V4Xβに差し替えてV2と聞き比べても

質感似てるし.....

 

思い切ってV4Xβで進めました

 

さすがV4Xβ!性能アップしてる!

これからV2と併用して使っていくことになりそうです

食わず嫌いはダメですね

 

早速エフェクトに進むと

 

1段目はwaves社greg wells/vocal centric

2段目はSCHAACK AUDIO TECHNOLOGIES社Transient Shaper2

3段目はUAD2 THE CULUTURE VULTURE

4段目はSPL社 Vitalizer 

5段目は2Caudio社 Aether

f:id:BIGHEAD:20160202231023j:plain

f:id:BIGHEAD:20160202235107p:plain

VOICE CENTRICで質感を調整した後

V4Xβの声にアタック感が欲しかったので

Transient Shaperでアタックを強調しました

 

楽曲がメロコア、激しい曲調だったので

声に存在感や荒々しさを付加したくて

CULUTURE VULTUREで歪みを加えました

ミクの声に太さや空気感を強調できます

 

次のSPLもエキサイター的に超高域とギラギラした

歪みを加えてます

 

最後にリバーブAether

激重プラグインで用途も限られるので

使うの忘れてしまいがちなプラグインですが

リッチというか解像度の高いリバーブ

ここぞ!という時に使えます

※今回は忘れなかった

 

そして今回はいつもよりボーカルを小さ目にしてみました

オケがかっこよかったので実験的に....

 

■ドラム STEVEN SLATE DRUMS

 

f:id:BIGHEAD:20160202231744j:plain

 

SSDのドラム音源でPlatinumを買った時

音良すぎて興奮しました

特にChirs Load Alegのプリセットが

もろgreenday,bon joviって感じの

アメリカンサウンドで最高です

 

エフェクトに進みまして

1段目はTHE CUTURE VULUTUREで太く汚し

f:id:BIGHEAD:20160202232505j:plain

2段目はBrainworx社bx_opto

2段目というかセンドでパラレルコンプしました

 

optoコンプのペダルタイプですが

focusriteのoptical compだと思って使ってます 笑

 

ドラムはパラで処理してないのですが

このコンプのおかげで今回は上手くいきました

 

■ベース fender precision bass

f:id:BIGHEAD:20160202233130j:plain

1段目にToontrack社EZMIX2のベースアンプ

2段目はwaves社MaxxVolumeで音量を安定させて

3段目はfabfilter社Pro-Q2

見られたくない恥ずかしいEQになってます

4段目はUAD2 CULUTURE VULUTUREで重心を下げました

 

ベースは奥目に配置してるのですが

ミュートするとスカスカになる重要な音に

なったと思います.....当社比

 

■ギター Fender USA Stratcastor

f:id:BIGHEAD:20160202233601j:plain

f:id:BIGHEAD:20160202233601j:plain

ギターアンプはPeavy Electoonics社 Revalver

MESA BOOGIE社Dual Rectifierを模した

プリセット「Morden Gain」LR同じ音色で

 

MESA BOOGIEが流行っていた時、欲しかったけど

30万円くらいしたので全く手がでませんでした

今ならソフトで使い放題だっ!

........でもやっぱり本物が家に欲しい

 

そしてverseの中央チャンネルにでてくるクリーントーン

f:id:BIGHEAD:20160202234141j:plain

この音もMESA BOOGIEの独自なクリーントーン

したかったのでPeavy Electoonics社 Revalver

 

2段目にEIOSIS社のAirEqでエアー感を強調して

3段目にD16社TORAVERB......

好きですねこの「Hard Walls」というプリセット笑

 

硬い部屋での初期反射が強調されたような音で

EQではない形で高域を出したいとき使います

硬くしたいときも良く使います

 

■ギター グループ

 

f:id:BIGHEAD:20160202234628j:plain

 

3本のギターをまとめたグループに

1段目THE CULUTURE VULTURE、これ欠かせません

 

2段目Izotope社DYNAMIC EQ

ギターの低音がベースに被るところにだけ減らす処理

 

3段目izotope社Vintage EQ

OZONE7から加わったEQでMid Cutが使えます

マスターバスでも200Hzをカットするとすっきりして

聞きやすくなります....がやり過ぎるとスカスカに

 

■マスターチャンネル

最後のマスターバス 兼 マスタリング部分

f:id:BIGHEAD:20160202235932j:plain

1段目はdadalife社SAUSAGE FATTENER

2段目はFLSTUDIO社Maximus

3段目はizotope社Maximizer

 

dadalifeのSAUSAGE FATTENERは

EDMなどのトラックで良く使われる

プラグインですが僕は自由な身なので

ロックでも生音でも使っちゃいます

 

クリッパーという用途で

がっつり音圧稼いで歪ませます

 

で次のプラグインは秘密なんですが

FL StudioのMaximus!!

このプラグインはヤバイです

 

挿すだけでEDMになります

 

FL STUDIO使っててなんか音良いなと

思ってたんですが音の良さの秘密は

内部ミキサーとこのMaximusだ!と

閃いてVstを購入してlive9で使ってます

 

これは何度も言いますが秘密です

誰にも言わないでください

 

最後はizotopeのMaximizer

OZONE7になってから

アルゴリズムIRC Ⅳが

新機能としてつきましたが

"transient"と"modern"でいっつも迷います

誤差なんですが......

決め手に欠けるんだよな......

 

そんな感じで長々と綴ったBlogですが

生音系だけど音圧がある

そんなオケになったと良い気持ちでいます 笑

 

この感じを突き詰め新しい音を作れるよう

次曲も挑戦していきます

 

それでは楽曲をお楽しみください

 

 

【初音ミク】INSIGHT feat.Hatsune Miku by BIGHEAD【動画制作編】

2月1日に投稿した新曲動画 INSIGHT feat.Hatsune Miku

この楽曲は.....

 

一人で作曲し

一人で演奏し

一人で動画を撮り

一人で動画編集した

 

一人創作の連鎖作品となっております

 

こう書くと寂しい印象ですが

やっている本人は楽しく集中してたので

あっという間に完成しました

 

1月18日に作曲し始めたツイートがあったので

作曲してから約10日後にはアップロードするという

フットワークの軽さ.....すごい時代になったものです

 

パソコンの進化がこの作品を産んだと言っても過言では無く

初音ミクを使った作曲から始まって

作詞→演奏→編曲→MIX→マスタリング→撮影→動画編集

一人でできることが増えて増えて

とんでも無いとこまで来ちゃいました

 

次は漫画や小説を自分で書く、アプリ制作

とかですかね.....人間の可能性は無限です笑

 

そんな動画を作った詳細についてですが

 

① Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7

     f:id:BIGHEAD:20160202161442j:plainf:id:BIGHEAD:20160202161734j:plain

 

Canonの一眼レフカメラ

 

これは動画を取るために持っていた訳ではなく

写真を撮るために買ったのですが、列車に乗ったとき

「この風景きれいだな」と思い撮影しました

      ↓

「あ、動画につかえるかも!」なんて流れで動画カメラに格上げ

 

"人生無駄なことは無いですね"

 

動画撮るようになってから気付いたのですが

1280 x 720の60fpsで撮影できるので

ラッキーだな俺って思いました

 

②ドラム撮影    in  リハーサルスタジオ

f:id:BIGHEAD:20160202162554j:plainf:id:BIGHEAD:20160202162606j:plain

曲が完成したならば早速ドラム撮影!

近くのリハーサルスタジオを3時間くらい予約

撮影をしてきました

 

このとき「久しぶりだけどドラム叩けるべ」と

高を括っていただのですが全くの間違いでした

BPM229の高速テンポで筋肉痛と呼吸困難に

 

"DTMerは普段から運動しよう"

 

と後悔しても時間は限られてまして

 

一人でカメラセッティング

叩く

観る(アングルが納得でき無い)

セッティング

叩く

観る(プレイが納得でき無い)

叩く

 

というのを繰り返し繰り返し

ハアハア、ゼイゼイ言いながら

なんとかスタジオ予約時間をはみ出さぬようFinish

 

誰かに撮ってもらいたい.....

何度も思いました

 

 

③ギター・ベース撮影 in 家

 

Fender American Standard Stratocaster

たまに動画に登場するギター(外のギターソロ)

f:id:BIGHEAD:20160202170604j:plain

高校時代に買った歴史あるギター

高価なFender USAをよく購入できたなと

.....お金の価値を知った今、恐ろしくなります

 

エリッククラプトンに憧れ

どうしてもメイプル指板が欲しかった

というのは覚えてますね

 

Gibson Les Paul Studio

冒頭から最後まで要所要所でてくるギター

f:id:BIGHEAD:20160202170918j:plain

高校時代に買った歴史あるギター

あれ!?また高校時代!?

以外と物持ちの良いBIGHEAD...

 

高価だったとしても良いものを

買えば大人になってからも使える

 

"人生無駄なことは無いですね"

 

Fender Japan Precision Bass

動画にはあまり出てきませんがベース

 

f:id:BIGHEAD:20160202171458j:plain

 

ずっとジャズベを気に入って使っていたので

ジャズベが良かったんですが安く売っていたので

買ったみたプレベ

 

レコーディングしてみると

・ピック弾きでロックな質感

・指弾きで弾力のある音

プレベでしか出せ無いのでは?!

今では欠かせ無い楽器となってました

 

そんなヴィンテージな楽器を演奏し

カメラに録画していく.....

 

部屋の中なので簡単かなーと思ってましたが

角度やボカシ具合など調整するのが大変でした

 

撮っては観る、観ては調整の連続で

楽器は広い場所で撮った方が

楽だなーと実感

 

自分が全て演奏していて

・強調したいところ

・フレーズが美味しいところ

を全て把握していたので

カット割りについては迷わず

納得のいく内容になりました

 

動画を撮るにあたって

"楽曲の構造を把握している"

というのは一人完結ならではの

メリットだと思います

 

④ミクさん 撮影

サビ部分で疾走するミクさん

グッドスマイルカンパニーねんどろいどぷち ミクダヨー」

f:id:BIGHEAD:20160202175614j:plain

 

楽器のシーンを撮り終え

カット割りをしている中で

これミクさんでてこないと

「歌が耳に入ってこないぞ」と

思いミクさんに登場してもらいました

 

なぜダヨーさんか!?

 

それは僕が持っているミクさんは

「ダヨーさんプチねんどろいど」のみで

ダヨーさんが僕のミクさんのイメージ笑

 

違うフィギュアを持っていれば

選べたんでしょうけど.....

迷わずダヨーさんを撮影してました

 

塗装とか細部が綺麗なので

一眼レフで撮っても面白いし

本当助けられました

 

"人生無駄なことは無いですね"

 

⑤ギターソロ in 野外

 

中盤のギターソロの部分ですが

今作のギターソロはいつもより頑張って

良い演奏ができたので動画も

「気合をいれて良いのを撮りたい!」

と思い音のイメージにあわせて

壮大な風景を撮影したいと思いました

 

なので外で撮影.......

 

アジア系の観光客がいる場所だったので

その方々に自分の写真を撮られたことは

心にかなりのダメージでした

 

f:id:BIGHEAD:20160202183257j:plain

撮ってみて家で編集したら

壮大っていうより動きの無い

映像になってしまいイメージ変わってしまいましたが

面白かったのでそのままいきました

 

自己満足ですが

こういうハプニング・思い出を残せるというのは

楽しいですね

 

"外撮影で怖いものがなくなりました"

 

 

⑥動画編集

Final Cut Pro X

最後は撮った素材を動画にする作業!

 

f:id:BIGHEAD:20160202181028j:plain

 

今まではiMovieとかJavieを使っていたのですが

カット割りが多い今回の作品ではコマ落ちが発生し

作業ができなくて困ってました

 

そこでFinal Cut Proのフリートライアルを試したところ

60fpsの動画をレイヤーしても動作が軽くてバッチリ

 

 けっこう感動しました

 

今回はトライアル版で次作るとしたら

買わなくてはいけないのですが

めっちゃ良かったです

買う価値あります!

 

しかも初めて使ったのに1日で

完成まで持っていけたし

ユーザーインターフェイス

最高なんでしょうね......

 

わからないことがなかったです

 

動画つくるの楽しくなったので

次はもっと凝った内容にしたいです!

 

ポジティブな言葉しか浮かびませんが

ほんとFinal Cutの作業は楽しかった

 

作曲・編曲より楽しいかも 笑

 

いきなり即日ポスプロのソフトが使えるのも

色味やレイヤーについて悩まないのも

中学生の頃、親が家にパソコンを導入してくれた

という経験があったからだと思います

※きっと経験が無いならブチ切れて誰かに頼んでます笑

 

スキャナーに付属していた

PhotoShop LE......

あれは子供にとって飽きない

遊び道具でした

 

親に感謝...そして

 

"人生無駄なことは無いですね"

 

なんだか自分の人生を振り返るBlogに

なってしまいましたが

「いやーこれ経験しておいてよかったー」

って作業中何度も思いました

 

過去の自分に感謝というか

環境や出会った人、教えてくれた本・先生

パソコンの進化、初音ミク

 

いろいろなものに助けられ

本作品が完成したのは間違いないし

人生の集大成と言える動画

 

長くなりましたが、その動画をどうぞ!

 

 


INSIGHT feat.Hatsune Miku V4Xβ - BIGHEAD

【初音ミク V4Xβ】INSIGHT feat.Hatsune Miku by BIGHEAD【オリジナル】

INSIGHT feat.Hatsune Miku by BIGHEAD

 

Produced: BIGHEAD

Vocal:Hatsune Miku V4Xβ

Guitar:BIGHEAD

Guitar:BIGHEAD

Bass:BIGHEAD

Drum:BIGHEAD

 

MOVIE:BIGHEAD 

今回の動画は

ひとりで作曲して→ひとりで楽器演奏して→ひとりで動画撮影して

→ひとりで動画編集して→ひとりで観て楽しむ

 

....という、一人の創作連鎖で作った動画になります

たのしくなったり、さみしくなったり

やっぱりたのしくなったりという動画

ニコニコ動画にアップいたしました!!!